スペースを考えて導入

これだけは間違えないで

エコキュート導入時に考えることはたくさんありますが、これだけは間違えないで欲しいものがあります。それはエコキュートのタンクの容量です。これは家族を構成する人数が多くなれば使用する温水量も多くなりますのでエコキュートのタンクの容量も大きいものを必ず導入しなければいけません。もしタンク容量が足りなくてしばしば湯切れをおこすようならば、深夜電力を使わずに割高な料金で湯沸しをすることになりますし、湯沸しまでの時間は早くはありませんから大変後悔することになります。長く使うものですから、現在の家族構成だけでなく、将来の家族構成も必ず考えてエコキュートのタンク容量を決めて下さい。タンク容量が小さすぎて後で後悔しても、文字通り後の祭りですから間違えないように絶対に注意してほしい点です。

タンクの設置場所について

続いてエコキュートのタンクの設置場所についても考える必要があります。当たり前ですがタンクの大きさだけのスペースがないと設置できません。前文で述べたようにもし家族構成に必要な容量の大きさのタンクを置くスペースが確保できない場合で工事などでも解決できない時は残念ながら諦めたほうが良いかと思われます。設置場所に合わせて小さいタンクを設置しても、必要な時に湯切れを頻繁に起こす状況は経済面のみならず心の健康にも悪影響を及ぼします。さて、必要な大きさのエコキュートのタンクを設置できるスペースが確保できるなら、なるべくお風呂場や台所に近い場所に設置しましょう。遠くなればシャワーや蛇口などからお湯が出るまで時間がかかってしまいます。小さなことのようですが寒い冬などは大変重要な問題になります。